サプリでコレステロールを下げる【コスパにも優れたアイテム】

女性が悩まされる症状

漢方薬

具体的な症状とは

女性は、高齢になると更年期障害に悩む方が増えます。この更年期障害とは、閉経前後の約10年くらいの期間に生じる体の不具合のことです。閉経は、女性の多くが45歳から55歳くらいに迎えることが多いです。しかし、近年では、仕事のストレスで30代でも若年性更年期障害になる人もいます。更年期障害が起きる原因は、女性の卵巣機能の衰えでホルモンバランスが崩れることです。特にエストロゲンの分泌が減ることで、体を上手くコントロールできなくなります。更年期障害の症状としては、だるい、疲れやすい、ほてり、手足の冷え、頭痛、めまいが有ります。その他にも、高血圧、高脂血症、高血糖になりやすく、動脈硬化も進みます。そのため、漢方などで治療を行う必要が有ります。

効果的な治療とは

更年期障害は、病院に行けばホルモン補充治療法が行われます。このホルモン補充治療とは、減少しているエストロゲンを薬剤で補充するものです。その他の有効な治療法として、漢方療法も人気です。この漢方療法とは、文字通り、漢方薬を服用する治療です。ホルモン補充療法に抵抗があるという場合に、おすすめされます。漢方療法では、更年期障害で生じる辛い症状を取り除くことから治療が始まります。そして、女性ホルモンが減っていく状態に体を慣らすことで、症状を改善するのです。更年期症状で用いられる漢方薬は、加味逍遙散、温経湯、女神散と色々な種類が有ります。病院の医師は、患者の症状に合わせて最も効果のある漢方薬を処方してくれます。